内海武士博士の基本計画

Fundamental Projects of Dr. Takeshi Utsumi

英和翻訳: スティーブ・マッカーティ
English-Japanese Translation by Steve McCarty

Synopsis of Global University System
グローバル大学機構の概要 (1995)

Global Service Trust Fund (GSTF) and International Coalition for
Global Information Infrastructure (GII) in Education and Healthcare
グローバルサービス信託基金 (GSTF) と
教育・医療グローバル情報基盤国際連合
(1997)

International Workshop and Conference on
Emerging Global Electronic Distance Learning
「新興グローバル電子遠隔学習」
国際ワークショップ・学会
(1999)

Takeshi Utsumi, Ph.D.
Laureate, Lord Perry Award for Excellence in Distance Education
Founder, Consortium for Affordable and Accessible Distance Education (CAADE)
President Emeritus, Global University System
Vice President for Technology and Coordination of Global University System
Chairman, GLObal Systems Analysis and Simulation Association
in the U.S.A. (GLOSAS/USA):
http://www.friends-partners.org/utsumi/
utsumi@columbia.edu

内海武士博士
1994年ペリー卿賞受賞(遠隔教育分野での最優秀貢献賞)
1999年ベンジャミン・フランクリン賞受賞(宇宙地球水先案内賞
低コスト・簡易アクセス遠隔地教育コンソーシアム (CAADE) 創立者
グローバル大学機構 (GUS) 名誉学長
グローバル大学機構 技術と相互協力副学長
グローバル・システム分析とシミュレーション協会/米国 (GLOSAS/USA) 会長
http://www.friends-partners.org/utsumi/
電子メール:
utsumi@columbia.edu

Synopsis of Global University System
May 8, 1995

グローバル大学機構の概要

Global (electronic) University (GU) (TM) consortium, a divisional activity of GLObal Systems Analysis and Simulation Association in the U.S.A. (GLOSAS/USA), seeks to improve the quality and availability of international educational exchange through the use of telecommunication and information technologies. GU's main activity is to achieve global electronic education across national boundaries by developing a cooperative infrastructure, so as to enlarge and expand the present exchange of educational courses into a worldwide system. GU will provide underserved people of the Third World with access to the educational excellence available from all the world's finest sources. Students could access resources with a far greater variety of educational philosophies, courses and instructional styles than they could ever encounter on a single campus. This is "the 21st century version of the Fulbright exchange program."

グローバル(電子)ユニバーシティ(GU) コンソーシアム {トレードマーク}は、グローバル・システム分析とシミュレーション協会/米国 (GLOSAS/USA) の部門的な活動です。GUの目的は、電気通信や情報技術の利用を介して、国際教育交流の質とアクセスを改善向上することです。GUの主な活動は、国境を超える世界的規模の電子教育を達成するために、相互協力する機構を作り、現在行われている教育交流を世界に拡大組織化することです。GUは、現在世界の最も優秀な教育の機会が十分供給されていない発展途上国の人々に、それを全力を尽くして提供する方針です。学習者は、一つのキャンパスでアクセスできる規模よりもずっと多様な教育の哲学、教授法、コースなどの教育情報にアクセスできるようになります。これは「21世紀版フルブライト交換プログラム」とも呼ぶことができるでしょう。

Over the past two decades GLOSAS/USA played a major pioneering role in making possible the extension of the U.S. data communication networks to other countries, particularly to Japan, and the deregulation of Japanese telecommunication policies for the use of email and computer-mediated conferencing (CMC) (thanks to help from the Late Commerce Secretary Malcolm Baldridge), which were emulated by many other countries (now over 75 with Internet access and 150 with email).

過去約二十有余年間にわたり、GLOSAS協会は先駆者的役割を果たしてきました。この協会は、(当時の米国通商長官故マルコム・バルドリッジの援助をえて)米国からデータ通信のネットワークを他の国(特に日本)に拡張させたり、日本政府の電子メールやコンピュータ利用の遠隔会議に関する電気通信規制緩和などに貢献してきました。日本の改革にならい、多くの国々も同様な改革を遂げてきています。その結果、1995年までに、インターネットへのアクセスは75ヵ国で、電子メールは150ヵ国で出来るようになりました。

GLOSAS has also conducted a number of "Global Lecture Hall (GLH)" (TM) multipoint-to-multipoint multimedia interactive videoconferences employing various inexpensive media accessible to the less developed countries, ranging from Korea, Japan, Australia, New Zealand, North and South America, entire Europe, Scandinavia, Middle East, Russia, etc. These demonstrations have helped build a network of leaders in the global electronic distance education movement.

GLOSASは、グローバル講堂 (GLH) {トレードマーク} という、多方面から多方面へのマルチメディアによるインタラクティブ(相互作用)テレビ会議を毎年行なってきました。途上発展国からもアクセスできる多様な低コストのメディアを用いて、韓国、日本、オーストラリア、 ニュージーランド、北・南米、ヨーロッパ全体、スカンジナビア、中近東、ロシアなどからの参加がありました。こうしたデモを通じて、グローバル 電子遠隔教育分野を創立する運動のネットワーク作りに役立ちました。

GLOSAS recently established a Consortium for the Advancement of Affordable Distance Education (CAADE). CAADE will develop and demonstrate a new high-performance electronic communications infrastructure which combines efficiently and affordably the power of Computer-Mediated Multimedia Systems (CMMS) via Plain Old Telephone Services (POTS), low-to-medium speed terrestrial Internet and (where appropriate) wireless telecommunications, and direct digital broadcasting satellite (DDBS) technologies as a new model for distance education. This infrastructure will increase access to richer learning environments while enhancing interactivity and sharing of information among teachers and students. The result will be improved and reformed education instruction for the underserved population in the U.S. (and later around the world). This approach will also help to take bandwidth pressures off the now-overburdened Internet.

最近 GLOSAS は低コスト・簡易アクセス遠隔教育コンソーシアム(CAADE)を設立しました。CAADEは最新技術による、高性能の新しい電気通信の基盤を開発してデモを行います。この基盤は、次の コンビネーションにより、より低コストで、効果的なものとなります: 1)電話回線で通信するコンピュータ利用のマルチメディア・システム、 2)低から中速度の地上系のインターネット、3)無線による電気通信、4)直接デジタル衛星放送などの総合技術であ ります。これはまた、新しい遠隔教育のモデルにもなります。この基盤は、より豊かな教育環境へのアクセスを改善しながら、 教師と学習者との情報交換と相互交流も増進します。その結果、米国 内(そして近い将来には海外諸国でも)、今までにアクセスできなかった人々に改良改善した教育を提供できるようになります。このアプローチは、 混雑しているインターネットへのプレッシャーの解消にも役立ちます。

In the not so distant future, students in any remote location with laptop computers will be able to receive such courses from the United States (later from any other country), and they could earn degrees from Global University. On the other hand, teachers and professors (active or retired) could also transmit their courses from their offices or homes through ordinary telephone lines for worldwide broadcasting.

近い将来には、ノートパソコンを使用する学習者が、遠隔僻地にいても、米国国内からそのような教育指導を受けられるよう になります。未来的には、世界のどこからでも受けることができる ようになります。グローバル大学からの学位修得も可能となります。 また反面、多くの教師や教授が退職後でも自分の研究室や家から、普通の電話回線を介して世界に放送できるようになります。

GU has already gained the wide support of prominent educational institutions, information technology specialists and industrialists in many countries. Global (electronic) University is an evolutionary concept with no global precedent. GU attempts to provide cooperative, experiential learning opportunities on the widest possible scale to foster peace and sustainable development. The time is ripe for global electronic distance education.

グローバル大学 (GU) は、既に諸国の著名な教育機関、 情報技術専門家や企業者の支持を受けています。グローバル(電子)大学機構の概念は進歩的で世界中に先例がありません。GUは世界の平和や発展維持のために、最も広い規模で協力的体験的学習の機会を提供しようとしています。これは、グローバル 電子遠隔教育の夜明けといえます。

GLOSAS/USA is a publicly supported, nonprofit, educational service organization. The ultimate goal of the GLObal Systems Analysis and Simulation Association in the U.S.A. (GLOSAS/USA) is to establish a Globally Distributed Decision Support System with a distributed interactive computer gaming simulation system, for problem analysis, policy formulation and assessment, to be used for training of would-be decision makers in conflict resolution, crisis management, and negotiation with win-win cooperation. This is to be done with integrated use of distributed computer conferencing, databases and simulation systems among various countries. Several systems will be interconnected to form a global neural computer network [a term coined by Utsumi in 1981]. The total system will act as a single system with parallel processing of those subsystems in individual countries. Here each game player with his submodel and database corresponds to a neuron, an Internet node to a synapsis, and the Internet the nerves of a global brain.

グローバル・システム分析とシミュレーション協会/米国 (GLOSAS/USA) は教育的な奉仕活動を果たす非営利公的組織です。 GLOSAS/USAの最終目的は、分散型相互作用するコンピュータおよびゲイミングをするシミュレーション機構に基づく、グローバル分散決定 支持システムの設立です。それは、各政府の意思決定者やその後継者たちが携わる紛争解決、危機管理や協力交渉の方法などを訓練するためのもので、問題分析、政策立案や評価などにも役立ちます。それは諸国を繋ぐ分散型コンピュータネットワーク上の会議システム、データベースとシミュレーション・システムの総合で 達成します。いくつかのシステムが相互に繋がれ、グローバル神経のような コンピュータネットワーク(内海武士が1981年に提案した概念で、Al Gore米副大統領が演説に使用された)が構成されます。全体のシステムが、それぞれの国のサブシステムの並列処理で単一のシステムのように処理されます。ここでは、自分のサブモデルとデータベースを持つ各ゲーム・プレーヤーがニューロンに相当し、インターネットの結節点がシナプス(接合部)に相当し、インターネットがグローバル脳の神経系となります。

http://www.friends-partners.org/GLOSAS/Global_University/GU_Synopsis/Synopsis_5-8-95.html より

Global Service Trust Fund (GSTF) and International Coalition for
Global Information Infrastructure (GII) in Education and Healthcare
December 6, 1997

グローバルサービス信託基金 (GSTF) と
教育・医療グローバル情報基盤国際連合

Education and healthcare are the basis of any society. The main goal of this coalition is to foster global citizenship in a global village with global electronic distance education and global healthcare/telemedicine, especially to achieve "Education for All" from anywhere to anywhere at anytime.

教育と医療は、あらゆる社会の基本です。この連合の主な目的は、グローバル村の市民を養成するために、世界的な電子遠隔教育・医療についての認識・理解を振興することです。特に世界中のだれもが、いつでも、どこでも、教育にアクセスできる機構を構築することです。

The main objective is to produce policy recommendations for promoting and accelerating the establishment and use of the GII, looking toward the years 2005, 2010, and 2015. This is to be done with international and interdisciplinary collaboration in the fields of non-profit organizations, especially for benefitting underserved people in remote and rural areas of less developed countries with educational and healthcare services from the finest and willing sources around the world.

主な目的は、2005年、2010年、2015年の将来を透視しして、グローバル情報基盤の設立と利用の振興を加速するための政策提案を作成することです。国際的多分野の非営利団体の連携で、世界に貢献しようとする意図を持つ最も優秀な教育と医療の機関からの社会奉仕で達成します。それは、特に有料のプロバイダーが普及していない多くの発展途上国の農村や隔離された僻地の公益のためです。

The objectives are: 1) to formulate collaborative arrangements in each country or region to achieve their goals affordably, with multi-lateral cooperation; 2) to devise guidelines in each individual field for collaboration and execution of their objectives; and 3) to raise governmental and industrial funds to achieve these goals, mainly from Japan, North America, and Europe.

目標は、1)学際業際的協力で、それぞれの国や地域の目的を低 コストで達成する連携をまとめること、2)それぞれの分野で、連携と目的の実行のガイドラインを作成すること、3)それぞれの国や地域の目的を達成するために、主に日本、北米、ヨーロッパの公共資金や産業界から資金を募ることです。

The Internet, with its extending and improving infrastructure, will be the main telecommunication media of tomorrow. It has been extended to most countries, albeit with slow-to-medium speed. The rapid advancement of videoconferencing, telephony, and World Wide Web in distance education, and high resolution image transfer for telemedicine require broadband Internet via international satellite. The deployment of this to less developed countries is to be financed with the Global Service Trust Fund (GSTF) which is an emulation of the Universal Service Fund of the U.S. Federal Communications Commission (FCC) and which will be a pool of the Overseas Development Assistant (ODA) funds of G7 countries in the magnitude of several billion dollars for ten years. The GSTF is to be established by the International Coalition for Global Information Infrastructure in Education and Healthcare. By working together, both fields of global electronic distance education and global healthcare / telemedicine can share the cost. Without this international cooperation for broadband Internet, GII will become an empty dream.

現在改善しながら拡大しているインターネットは、まもなく将来の電気通信の主なメディアとなります。現在、大多数の国に拡張されていますが、いまなお低速度から中速度の状態です。遠隔教育のためのテレビ会議システム、 インターネット電話通信やワールド・ワイド・ウェッブ (WWW) 、そして遠隔医療のための高解像度によるイメージ伝送通信などは、国際衛星による広帯域高速度のインターネットを必要とします。 発展途上国に広帯域高速度のインターネットを展開させるために、グローバルサービス信託基金 Global Service Trust Fund (GSTF) が資金を供給します。GSTFは、米国の連邦通信委員会(FCC)の共同サービス基金 (Universal Service Fund) と同様に、10年間をかけて、G7 の国々のODA (海外開発援助基金)から合計約数十億ドルの規模の資金を集める計画です。教育・医療グローバル情報基盤連合体 (International Coalition for Global Information Infrastructure {GII} in Education and Healthcare) は、このグローバルサービス信託基金 (GSTF) を創立します。遠隔教育と遠隔医療の相互協力によって、両分野が広帯域インター ネットを共有すれば、コスト削減が可能となります。広帯域インターネットのための国際協力がないと、グローバル情報基盤 (GII) が空想のものとなってしまいます。

GLOSAS/USA encourages the formation of local coalitions of academia, secondary schools, public organizations (libraries, hospitals, training centers, etc.) which will be connected with inexpensive wireless broadband Internet to enable them to use advanced Web, Internet telephony, videoconferencing, computer conferencing, etc. -- to solve the "last-mile" problem by "do-it-yourself" approaches. Those local coalitions are to be linked internationally with the use of very small aperture terminal (VSAT) and broadband satellite in the future.

GLOSAS/USA は、各地域の連合体形成を振興しています。 地元の大学・中高校や図書館、病院、職業訓練センターなどのような 公的機関が連合体を作れば、低コストの無線による広帯域インターネットによって相互に繋ぐことができますし、また、それぞれのユーザへの直接接続や機関内の接続の仕方を自立的に解決することもできます。地元の連合体ができたら、狭い口径の衛星用アンテナ(将来には広帯域衛星をも利用して)で国際的に連合体同士のネットワークが作れます。

The availability of broadband Internet in the international arena is a vital necessity to secure high quality, reliable audio, which is the most important component of global electronic distance education. We would also need to foster the use of Internet in multilingual and multicultural modes, which arrangement would require multilateral approaches through the GSTF.

高品質で信頼性ある音声の伝達は、グローバル電子遠隔教育の最も重要な要素です。それには広帯域インターネットへのアクセスを地球規模に行ないうることが絶対必要不可欠となります。多言語・多文化のアプローチもインター ネット利用に求められていますが、グローバル サービス信託基金 (GSTF) のとりまとめによって、学際的なアプローチができます。

http://www.friends-partners.org/GLOSAS/Tampere_Conference/GSTF/GSTF.html より

International Workshop and Conference on
Emerging Global Electronic Distance Learning"
August 9 to 13, 1999
University of Tampere
Tampere, Finland

「新興グローバル電子遠隔学習」国際ワークショップ・学会
フィンランド、タンペーレ大学、1999年8月9日〜13日

I. Conference:
=========

ネットワークを利用した遠隔学習に関する国際会議

The digital revolution and economic globalization are taking us into a new era. We are moving towards a global knowledge society where information, skills and competences become the driving forces of social and economic development. The problems associated with this transformation can no longer be solved with traditional educational paradigms. In this age, effective learning requires upgraded multimedia educational materials that can best be distributed using broadband Internet applications. The use of these applications for global distance learning and telemedicine must be efficient and cost-effective, allowing to foster global citizenship and achieving education for all.

デジタル革命と経済のグローバル化の出現により人類は新しい 時代に突入しようとしています。世界は知識集約型社会へと進んでおり、 情報技術や能力が社会や経済の発展を推し進める原動力となっています。この変化によって引き起こされるもろもろの問題は、もはや伝統的な教育のパラダイムでは解決できません。このような時代に効果的な学習を行うためには、より進んだマルチメディア教材が必要となりますが、これらは高速インターネットと関連する応用ソフトを配布することで広範囲に普及しうるものと考えられます。遠隔教育や遠隔医療の分野でこれらを開発し効果的に低コストで利用できるようにすることは、世界のすべての人々に教育の機会を与え、世界市民としての素養を身につけるため不可欠となっています。

In cooperation with the University of Tampere and Tampere University of Technology in Finland, GLOSAS/USA will hold an international workshop and conference on "Emerging Global Electronic Distance Learning" from August 9 to 13, 1999. (Reference 1). This event is funded in part by Alprint (Finland), The British Council, the Consortium for Affordable and Accessible Distance Education (CAADE), Finnair, Finland Ministry of Education, the Foundation for the Support of the United Nations (FSUN), the National Science Foundation (US), the Pan American Health Organization, PictureTel (US), Sonera (Finland), the Open Society Institute of the Soros Foundation, the United Nations Development Programme, the United States Agency for International Development, the United States Information Agency and the infoDev of the World Bank.

1999年8月9日から13日まで、フィンランドのタンペーレ大学とタンペーレ工科大学の協力で、GLOSAS/USA(グローバル・システム分析とシミュレー ション協会/米国)は、新興グローバル電子遠隔学習に関するワークショップと国際会議を行ないます。このイベントは、次の組織から支援を受けました:アルプリント社(フィンランド)、ブリティッシュ ・カウンシル(英国)、低コスト・簡易アクセス遠隔教育コンソーシアム (米国)、フィン・エアー、フィンランド教育省、国連支援交流財団(米国・ 日本)、全米科学研究財団 (NSF)、パン・アメリカン保健機構(北・南米)、ピクチャー・テル社(米国)、ソネラ社(フィンランド)、ソロス財団、 国連開発局、米国国際開発局 (USAID)、米国情報局 (USIA)、世界銀行の情報化開発振興局 (infoDev)。

II. Purpose and Outcome:
================

目的と結果

The purpose of this conference is to collectively brainstorm methods for the establishment of advanced global broadband (45 Mbps) wireless and satellite Internet in the major regions of the globe, e.g., Pacific/Asia, North/South America, and Europe/Africa. Included in the establishment are the information infrastructure, contents and the institutionalization of the Global University System which is to be financed by the Global Service Trust Fund (GSTF) (Reference 2).

この学会の目的は、次世代の世界的規模の広帯域高速インターネット(45メガバイト/秒)の設立を集約的に計画するものです。この広帯域インターネットを、無線と衛星で、アジア 太平洋、北・南米、ヨーロッパ/アフリカの世界3地域に分けて構築します。グローバル サービス信託基金 (GSTF) を資金源とする広帯域インター ネットの設立に含まれるものとしては、情報の基盤とその内容、グローバル大学機構 (GUS) の制度化などがあります。

During this conference, the formulation of the pilot project proposals will take place for submission to various financing entities in Japan, North America, and in Europe. The "Conceptual Development" project proposal of approximately $500,000 is also to be submitted to the InfoDev of the World Bank from each region.

この会議の間に、日本・北米・ヨーロッパなどの資金源に申し込むパイロットプロジェクトの計画書の作成をいたします。世界各地域から世界銀行 InfoDev に提出する約50万ドルずつの「概念開発」の計画書も用意いたします。

III. Global Service Trust Fund (GSTF):
========================

グローバルサービス信託基金 (GSTF) の設立

The GSTF is an emulation of the Universal Service Fund of the US Federal Communications Commission (FCC) and which will be a pool of Overseas Development Assistant (ODA) funds of G7 countries in the magnitude of several billion dollars for ten years. The GSTF is to be established by the International Coalition for Global Information Infrastructure in Education and Healthcare.

米国の連邦通信委員会(FCC)の共同サービス基金 (Universal Service Fund) と同様に、グローバルサービス信託基金は、10年間をかけて、G7 の国々の ODA(海外開発援助基金)から合計約数十億ドルの規模の資金を集める計画です。教育・医療グローバル情報基盤連合体 (International Coalition for Global Information Infrastructure in Education and Healthcare) は、このグローバルサービス信託基金GSTF (Global Service Trust Fund) を創立します。

IV. Global Broadband Internet:
====================

グローバルな広帯域インターネット

The Internet, with its extending and improving infrastructure, will be the main telecommunication media of tomorrow. It has been extended to most countries, albeit with slow-to-medium speed. Broadband Internet backbone development is expanding high-speed Internet access to higher education and healthcare institutions in the developed countries. This technology holds great promise for improving multimedia distance learning capabilities, especially in rural and isolated areas in many developing countries that are not well served by commercial network providers. The enhanced distance learning capabilities of broadband Internet are only beginning to be explored and offer an immediate benefit to the populations served by these networks.

現在改善しながら拡大しているインターネットは、まもなく将来の電気通信の主なメディアとなります。現在、大多数の国に拡張されていますが、いまなお、低速度から中速度の状態です。先進国における広帯域インターネットのバックボーン・ネットワークの発展は、高速度インターネットへのアクセスを大学教育や医学の機関まで拡大しています。特に商業ネットワーク・プロバイダーが普及していない多くの発展途上国の農村や隔離された僻地の人々には、この高速度インターネットを介して、マルチメディアによる遠隔学習にアクセスすることが出来る期待がきわめて高いです。広帯域インター ネットを介して高品質の遠隔学習が出来る可能性を現在調査し始めていますが、 それが供給される折には、多くの人々にすぐ直接に役立つようになるでしょう。

The global broadband Internet (Reference 3) will be an emulation of the Medical Information Network by Communication Satellite for University Hospitals (MINCS-UH) (Reference 4). This now connects more than two dozen hospitals around Japan with two-way, broadband (45 Mbps) digital satellite channels for medical diagnosis with high definition television (HDTV).

世界的規模の広帯域インターネットは、東京大学をはじめ、日本の大学病院間の衛星医療情報ネットワーク (MINCS-UH) の技術を参考にするものです。現在、二十有余の病院が医療診断のような情報交換のために、広帯域(45メガバイト/秒)デジタル衛星による双方向の通信チャネルで、ハイビジョン(HDTV)にて相互に接続されています。

Although the MINCS-UH is very useful for diagnostic quality image transfer, it does not have TCP/IP Internet capability. Talks are now underway with Teleglobe to combine MINCS-UH capabilities with the TCP/IP technology to create a backbone trunk-line on the broadband Internet across international boundaries (Reference 5).

MINCS-UH は、診断に役立つほどにイメージ通信の質が高いにもかかわらず、インターネットに必要な TCP/IP のプロトコールが含まれていません。国際的広帯域インターネットのバックボーンの幹線を構築するために、MINCS-UH の技術と TCP/IP の技術との統合について、現在テレグローブ社との話し合いを始めています。

V. Telemedicine Demonstration:
=====================

遠隔医療のデモ

Telepresence with echocardiography will be demonstrated by the Presbyterian Hospital of Columbia University in New York. The echocardiograph signal of a patient on a treadmill in Tampere will be sent to Presbyterian for diagnosis. The 3D image of his heart will also be constructed. Both will be disseminated to the participants around the world via ISDN and Internet. The use of Web for telemedicine and a virtual reality model of a human heart (which can realistically respond to a touch on a computer screen) will also be demonstrated by Yale University School of Medicine at Norwalk Hospital and in New Haven, Connecticut.

この学会で、ニューヨーク市のコロンビア大学の付属病院が遠隔地におけるエコー心電図検査のデモを行ないます。タンペーレで踏台昇降運動をしている患者のエコー心電図が、診断のためにコロンビア大の病院に送られ、そこで心臓の三次元のイメージも作られます。両方のデモが ISDN とインターネットで、世界中の参加者に送信される予定です。又、エール大学医学部の病院はウエッブによる遠隔医療とコンピュータの画面で現実的に反応する人間の心臓のバーチャル・リアリティのモデルのデモも行ないます。

VI. Reference Web Sites:
================

参考資料(より詳しい英語によるウエッブサイト)

(1) Tampere conference:
http://www.uta.fi/EGEDL/ and http://www.friends-partners.org/GLOSAS/.

(2) Global Service Trust Fund (GSTF):
http://www.friends-partners.org/GLOSAS/Tampere_Conference/GSTF/GSTF.html.

(3) Global Broadband Internet Networks:
http://www.friends-partners.org/GLOSAS/Tampere_Conference/Global_Broadband_Internet/Global_Broadband_Internet.html.

(4) MINCS-UH:
http://square.umin.ac.jp/kiuchi/ohp/ -- for slide show.

(5) Possible parties of pilot projects:
http://www.friends-partners.org/GLOSAS/Tampere_Conference/Pilot_project_parties/Parties_of_Pilot_Projects.html.

Takeshi Utsumi, Ph.D.
Program Chairman of the Conference

内海武士博士
プログラム委員長

http://www.friends-partners.org/GLOSAS/Tampere_Conference/Flyer/4-24-99.html より

*******

英和翻訳、編集、ウェッブページ: Steve McCarty
香川短期大学教授 スティーブ・マッカーティ
バイリンガリズムと日本学

mccarty@mail.goo.ne.jp
Updated on 12 February 2003
Return to the
Global University System Asia-Pacific Framework
グローバル大学アジア太平洋機構
ホームページ